今のねずみ駆除はこんな方法です

コウモリ退治は追い払うことが重要

コウモリ退治の前に中止する点は、コウモリは鳥獣保護法で保護されているために、安易な捕獲や駆除は法律に触れることになります。あくまでも追い払うことと近寄らせないことを前提に対策することが大事です。非常に警戒心が強いうえに学習能力の高い生物は、一定の対策に慣れてしまう可能性があります。自分で対策が不可能な場合は業者に相談してみることも大切です。

コウモリ退治を行うにはその生態や習性を知っておくことが重要です。産卵期の駆除は親コウモリを刺激する恐れがあり追い払うことは難しくなります。さらに子供を傷つけることは法律違反です。冬眠の時期と合せて駆除する場合には注意が必要です。

コウモリは夜行性のために強い光を嫌います。絶えず日光の差し込まない場所であれば、光を当てることで一時的に追い払うことができます。退散している間の時間は非常に貴重です。その間に隙間をふさいだり、侵入を防ぐ対策を行います。

場所によってはすぐに戻ってくる可能背もあるために、対策は速やかに行うことが大切です。コウモリ退治は侵入する場所によっても方法を変えることが大切です。コウモリの嫌がるにおいの成分を含んだ忌避剤の散布や、忌避成分を含んだ錠剤も場所によっては効果があります。臭いで追い出す場合には効果が長く続かないために、定期的な散布が必要になります。

追い出したらすぐに隙間をふさぐことが必要で、わずかな穴も体の小さなコウモリは入ることができるので、すべての経路をふさぐことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です