今のねずみ駆除はこんな方法です

コウモリ退治を成功させる為の注意点とは

日本には約33種類ものコウモリが生息していますが多くは洞窟の中や森林に巣を作り生息している中で、アブラコウモリは別名イエコウモリと呼ばれいている通り、ガレージや雨戸の隙間だけでなく屋根裏にも住みついてしまう迷惑な動物です。夜になると不気味に飛び回る音だけでなく、巣の真下には山の様に排泄物が溜まり独特で強烈な悪臭を放ちます。悪臭よりも危険なのが排泄物には細菌や病原菌が多く含まれている事で、乾燥して空気中に混ざると家の中にも病原菌が充満してしまうと言っても過言ではないです。呼吸によって人間の体に入り込むと健康被害でも多大なリスクが生じる事から、早急なコウモリ退治をしないと被害は広がるばかりですが、コウモリ退治には幾つか注意点もあります。

家の中に住みつくと住んでいる人間にとっては迷惑動物となってしまいますが、実は一日に害虫を500匹以上エサとして食べるので法的には害獣ではなく益獣と指定されているのです。こう言った事から鳥獣保護法例で勝手な捕獲や処分は出来ないので、コウモリ退治方法は家から追い出して再侵入を防ぐ事しか出来ません。追い出す方法はスプレーや錠剤にジェルなどのコウモリ退治グッズが売られているので使用すれば比較的手間なく追い出せますが、問題なのはその後の掃除と再侵入を防ぐ方法です。掃除する時は防塵マスクやメガネで排泄物が体内に入る事を阻止しなければなりませんし、臭いを消す為にも徹底的に掃除する必要があります。

完璧な掃除と消毒が終わったらコウモリが出入り口としている場所を特定して、コーキングなどで完全に塞がないと再侵入されるので注意して完全に塞ぐ事が出来ればコウモリ退治も成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です