今のねずみ駆除はこんな方法です

コウモリ撃退は侵入経路の確認が重要

夕方から夜間にかけて、ヒラヒラと住宅地の周辺を飛び回り虫を補食するコウモリ。日本に一般的にみられるアブラコウモリは、大人しい性質で1日に500匹以上の害虫を食べる益獣でもあります。しかし、家に侵入されて巣にされてしまうと、糞に含まれるカビ菌による感染症や、体についているダニやノミが繁殖する危険があるため、家に侵入している兆候がある場合には早めにコウモリ撃退しましょう。コウモリは鳥獣保護法対象になっているため、許可無く捕獲したり殺すことが禁じられています。

そのためコウモリ撃退といっても、家から追い払うことしかできません。1度住みついた場所に執着する習性があるため、何度追い出しても同じ場所に戻ってくるので侵入口を完全に塞ぐ必要があります。まずどこからコウモリが侵入しているのかを、しっかり確認しましょう。主な侵入口は通風口や換気口、エアコンのホースのすき間からも侵入してきます。

古い木造建築を特に好み、瓦屋根のわずかなすき間から侵入して防水シートを食い破り、雨漏りが発生するケースもあるのです。侵入口が確認できなかったときや自力で塞ぎきれない場所の場合は、専門の業者に依頼することをおすすめします。住みかから追い出すコウモリ撃退は夜行性のコウモリが巣から出ていく、夕方から夜間にかけて行うのが良いでしょう。専用の忌避スプレーやネズミや害虫用のくん煙剤も効果があります。

臭いや煙で驚いたコウモリが全て逃げ出していったら、感染症対策のマスクと手袋を完備して糞を片付け、侵入口をパテや目の細かい金網を使ってカバーしてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です